Webサービスでできる!大容量のデータを転送する方法

無料で利用できるデータ転送サービス

大容量のデータを転送するには、いろいろと大変なことだと思っていませんか。実は、大容量のデータでも簡単に転送できる機能がWebサービスにはあるのです。「大容量ファイル転送サービス」という感じで、様々なサービスがネット上で存在します。無料でできるものもあれば、会員登録が不要なところもあります。この転送サービスで最も重要なのが、転送するデータの容量です。サービスの中には容量無制限であったり、上限が設定されているところもあるので、利用するときは確認しましょう。

大容量データ転送サービスはどんなものか

大容量のデータを転送できるサービスを知れば、実際に利用するときに参考になります。基本的に会員登録は不要で、無料で利用できるところが多いですが、中には有料版があるところもあります。ファイルの保存期間は7日程度のところが多く、期間内であればデータの取り出しも可能です。容量に関しては、無料で使う場合は上限が設定されていて、有料版になれば容量がさらに多くなったり、無制限になったりします。業者によっては、会員登録後に容量が増えるところもあるようです。

セキュリティ対策はどうなっているのか

大容量のデータを転送するとき、最も気になるのがセキュリティではないでしょうか。大容量のデータを転送するわけだから、そのデータを第三者に見られてはいけない状況になります。そのためには、業者によって方法は様々ですがセキュリティ対策がしっかりと行われています。例えば、相手側に転送を知らせるときにパスワードを設定しておけば、問題なく転送ができるようになり、情報漏えいは防げます。暗号化通信が行われているところが多く、たとえ無料で利用できてもしっかりとした対応がとられています。

最近では格安でオンラインストレージを利用できるところが増えてきているので、大容量ファイルを扱う場合には非常に役に立ちます。