読者が殺到するホームページを作るための『3つのSEO対策』

記事更新する際、文章量は多目にすべし!

ホームページでは、自分が決めたテーマに沿って記事を更新していきます。ここで、薄い内容だったり、短い文章はNGです。とくに、短い文章ではSEO対策にはなりません。そもそも、 SEO対策は検索されやすくするための方法なので、短い文章では検索されにくくなります。それを避けるために、まず文章を長くすると良いでしょう。長文だと文章量が十分であると検索システムに判断され、検索結果の上位に表示されやすくなります。同時に、内容が濃いものだと判断されやすくなるため、まずは長文にする癖をつけると良いです。

放置せず、定期的にホームページを更新すべし!

ホームページでメインとなるのが記事更新です。それを『いつするか』または『どれくらい』するのかがSEO対策のポイントとなります。これは、不定期だと十分な対策にはならず、読者も集まりにくくなります。だから、記事更新は必ず定期的に実際することが必要です。SEO対策として初歩とされています。なるべく毎日時間が空いているタイミングで更新すると良いでしょう。SEOでは、定期的に更新しているホームページやブログを好んで上位に検索結果に置くので、更新はどんどんしていくと良いです。また、読者にとっても嬉しいので、そのことを考慮しましょう。

読者が集まるように工夫するべし!

ホームページは検索してもらう以外にも、読者を集める方法があります。それは『宣伝』です。例えば、twitterやLINE@、Facebookで『ホームページやっています!』リンク付きで宣伝すると良いでしょう。それだけで読者のアクセスが集まりやすくなります。SEOは、読者がどれだけアクセスするかもチェックしているので、どんどん読者を集めると良いです。有料のネットツールを使ってでも読者は集めるべきだと言われているほど、SEO対策として必要になります。少しずつ集まってきたら、それに伴って検索からも集まりやすくなります。

ホームページ作成とSEOのコツをつかむにあたり、専門的なIT関連企業の取り組みに注目をすることが勧められます。