必要に応じ選びたい!各種の防犯カメラ性能

解像度で違う防犯カメラ画像の鮮明さ

犯罪抑止を目的として、防犯カメラが用いられる場合が増えています。また性能も以前と比べアップしているため、設置済みの防犯カメラも交換を考えてもいいでしょう。防犯カメラの性能でチェックしておきたいのが、画像の解像度です。撮影する画像が鮮明かどうかは、解像度に依存します。微細な部分までしっかり記録できるカメラなら、なにか問題が起きた場合に詳しい状況が確認可能です。解像度の高い防犯カメラは、セキュリティ面で安心が大きいですね。

セキュリティ監視に役立つネットワーク対応防犯カメラ

セキュリティのための防犯カメラは、常時監視のために用いられる事も多いです。そのような時、遠隔地からリアルタイムで映像を確認できるような機能が求められます。通信ネットワークを利用して、遠くからでも状況確認ができる防犯カメラの製品があります。また無線タイプのネットワーク対応防犯カメラであれば、通信のための配線を必要せずメリットが大きいでしょう。無線通信技術の向上が、防犯カメラの高性能化に一役買っています。

電源確保が難しい場所でのバッテリー式防犯カメラ

防犯カメラを設置する場所によっては、電力が供給できない可能性があるでしょう。そのような時には、バッテリーによる電力供給で防犯カメラを作動させる必要性が出てきます。外部電源を必要としない防犯カメラとして、バッテリーを内蔵した省電力タイプのものがあります。また、太陽光発電システムである程度の電力供給も可能です。常時のメンテナンスが難しい場所でも、大容量のバッテリーや発電システムを備え、防犯カメラの長期運用が可能です。

防犯カメラというと警察やスーパーマーケットなどの小売店が使うイメージがあります。しかし最近は防犯意識の高まりから個人でもよくつかわれるようになってきています。